未来へつなぐ、命をつくる

ごあいさつ

私たち八王子高原屋は「未来へつなぐ、命をつくる」という理念のもと、普段から口にするお米や野菜をこだわりを持って作っています。

最近、野菜の袋に生産者の名前が書いてありますが、欲しい情報は名前ではありません。 …<詳細>


土のはなし

畑が元気だからこそ、人が元気になる。

農家の考え方ひとつで、農薬や化学肥料の扱いもまったく違ってきます。

私たちの思いは、人の健康にとどまらず、土壌、環境、そして、子どもの未来にも関係することだと思っています。 …<詳細>


作っているもの

八王子で初の越冬栽培に成功した元祖八王子パッションフルーツは、NHK等各種マスコミから紹介。

また、子どもがおやつ代わりに食べるミニトマト「アイコ」、ミツバチが吸いに来るほど甘いサツマイモ、古米が蘇る魔法のもち米 …<詳細>



最新情報


ブログ

リリコイの糖度測定

皆さん、こんばんは、八王子高原屋です。

 

先日ある方から譲っていただいた、糖度計でリリコイの糖度を測定してみました。

 

筒状のものがいわゆる手持ち屈折計で、屈折率から糖度を測定できるものです。デジタル式のものが流行る昨今、この当時計は電池は不要、明るければすぐに測定できます。オマケに精度が高いとくれば、使わないほうがソンというものです。

 

早速、リリコイ(パッションフルーツ)の糖度を測定してみました。

右の(スマホ等によっては下)写真は無理やり撮影したのでわかりにくいかもしれませんが、屈折計をのぞいてみると、上が青く、下が白くなります。その境界の部分にある目盛りの数値が糖度となります。

今回はちょっと厳しくみて17.8%となってました。

 

ちなみに果物類の糖度は 

みかん 10~12%

ぶどう 15~20%

メロン 13~18%

いちご 8~9%

マンゴー 10~14%

といわれています。今回の17.8%とは果物の中でもトップクラスといえるでしょう。

皆さん、ぜひ当農園のリリコイを食べてみてくださいね!

 

案山子の設置

こんばんは。八王子高原屋です。

今日も雨で、こまりますね。高月地区もかなりの雨が降りました。

おかげで稲作用の案山子、設置がなかなか進みません。

それにしてもスズメは、普段あまり見ないのに、どうして穂が実り始めると、やってくるんですかね。

しかも最近は水田が減っているので、余計に集中します。

でも案山子も設置したところで完璧には防げません。気休めでしかないのですが(だって相手は生きるために必死ですから)、やらないと自分のところだけさらに被害がひどくなるため、結果やらざるを得ないわけです。

あと二日で作業は終わるかな。

 

リリコイ(パッションフルーツ)の自由研究

夏休みといえば自由研究。自分も子供の頃、自由研究はホント苦労した。見かねた親がよく手伝ってくれたような…。

 

現在、中学生の娘も自由研究に取り組んでいます。今の自由研究の評価って、ガチなんですね。昨年、ゆるすぎて失敗した教訓を活かし、理系の父親の威厳を示す意味でも、ガチな内容にしています(すみません、自画自賛です)。

 

テーマはリリコイに関するもの。内容と結果はまだ秘密です。

いままで不明だったことの原因がわかりつつあるので、今後の栽培にも活用できる結果が得られそうです。

あとは娘が上手にまとめられるかどうか。レポートの書き方を教えないとね。

つばめの記録

倉庫にツバメが巣を作ったのは以前に書いたと思います。

 

そのツバメの様子を、産卵から巣立ちまで毎日撮影してまとめました。

トビラは息子が書いたもの。自由研究で提出します。

 

ツバメは1回目に3個産卵(うち1個は放棄)、2回目には5個産卵して、計7羽が無事に巣立ちしました。

来年も来てくれるか、今から楽しみです。

 

収穫体験を開催しました!

最近、ずーと雨がつづいて、草退治ができなくて困ってます。秋・冬野菜の準備もできないし、ヤキモキしっぱなし。

 

それはともかく、8月13日にJA八王子パッションフルーツ生産組合を代表して、パッションフルーツ収穫体験を当農園で開催しました。これは八王子市市制100周年記念イベントの1つである、体験楽習フェスティバルに組み込まれたものです。

 

コノテの運営は初めてで、進行等がスムーズにできたか不安でしたが、なんとか無事に終了しました。

 

ゲストの皆様には楽しんでいただけたようで、まずは一安心です。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

なお8/20にも2回目の収穫体験を実施する予定です。こちらに参加予定の方々、よろしくお願いします!

八王子高原屋オリジナル情報紙

楽しい情報をお届けします!

どうも、高原屋の澤井孝行です。

八王子高原屋は農産物を通じて一生のお付き合いができればと考えています。

将来的にみなさんと安全で安心な農作物を食べるイベントや実際に栽培するようなイベントなど、月に一度、楽しくてためになる食と健康や美の情報をお手紙で発信していきますので、ぜひご登録下さい。

※頂いた個人情報は情報紙発送以外では使用いたしませんのでご安心下さい。

※営業電話等はかけませんのでご安心下さい。

 

メモ: * は入力必須項目です